Home > 単行本 >孤独な鳥はやさしくうたう


旅行人で買う
Amazonで買う
購入方法

2008年6月25日発売
孤独な鳥はやさしくうたう
田中真知
定価:本体1600円+税(税込1728円)
四六判264ページ

なぜ人は旅をし、
そこで誰に出会うのだろう

出会いと別れ、夢と現実、悲しみと喜び、
はるかな旅の物語を静かに語ろう

蔵前仁一(編集担当)から
────田中真知さんの新刊『孤独な鳥はやさしくうたう』は、真知さんがこれまでの旅で出会った人々の話と、真知さん自身および家族の話が中心になってい ます。とても不思議な写真を撮る写真家(「十年目の写真」)、手づくりの絵本を送ってくれた画家(「クマおじさんの贈り物」)など、ほろりとさせられる話 ですが、ぜひ読んでいただきたいのは、「追いかけてバルセロナ」です。ギリシアで出会った日本人女性に一目惚れした真知さんは、その人をバルセロナまで追 いかけて必死に探し回ります。こう書くとちょっと危ない話ですが、それがどのような結末になるか、ぜひお読みいただきたい。長年のあいだ距離のあった父と の再会と別れを綴った「父はポルトガルへ行った」は、本誌に連載当時から僕のベスト・エッセイの一つでしたが、それも本書に収録しました。切ないけど心に 響く話です。ぜひ読んでみてください。

第1章 月夜のインコ
イスタンブールのデヴィッド・ボウイ
月夜のインコ
雲を描く人
十年目の写真
失われた足跡
キンシャサ!

第2章 追いかけてバルセロナ
追いかけてバルセロナ
キッスはスイスで
サハラのチキン
ベネチアの花瓶、あるいは失われたパンツ
マダガスカルの長い夜

第3章 孤独な鳥はやさしくうたう
モンゴルの草原にて
ラダックの夏
アデルの卒業
いかれたやつ
アフリカの棘
夜行列車にて
孤独な鳥はやさしくうたう

第4章 星の王子の生まれたところ
星の王子の生まれたところ
マラケシュのラヴェル
バリ島奇譚

第5章 父はポルトガルへ行った
父はポルトガルへ行った
クマおじさんの贈り物
発掘する、ただしちょっとだけ
炎を見つめること